2013年9月27日金曜日

雑誌『工藝』展示/東京造形大学 図書館

東京造形大学付属図書館が所蔵する雑誌『工藝の』一部を、
館内の貴重書展示ケースに展示しています。

雑誌『工藝』は、民芸運動の機関誌として、昭和6年(1931)から26年(1951)の20年間で120巻が発行された雑誌で、民芸を提唱した柳宗悦の工芸理論の展開と実践の場でもあったといわれ、雑誌そのものが一つの工芸品としてとらえられています。























装丁は主に染色家の芹沢銈介がデザインやプロデュースを手がけ、表紙は芹沢による染物や鈴木繁男の絵漆、あるいはさまざまな織物や版画など、多彩なデザインと技法によって飾られています。
本文は活版による印刷で、13号から各地の手漉き和紙が用いられ、小間絵と呼ばれる挿画を芹沢やバーナード・リーチ、棟方志功など、柳が信頼した民芸同人の作家たちが手がけ、扉や目次などを飾っています。























見所:
・芹沢銈介が型染で初めて装丁を試みた創刊1号から12号。
・芹沢銈介、富本憲吉、バーナード・リーチ、エリック・ギル、棟方志功の小間絵。
・終刊120号
・装丁 ・型染(芹沢銈介、三代澤本壽)
    ・織物(葛布、絣、縞)
    ・絵漆(鈴木繁男)
    ・版画(川上澄生、棟方志功)
・本文用紙(出雲椏紙、石州市山、野州烏山、雲州岩坂)