2014年4月16日水曜日

2013年度卒業制作展「むすび」 前編

2013年度のテキスタイル学科卒業制作展が2014年3月12日〜3月16日に南青山のspiralで開催されました!!
今年もクオリティーの高い作品が沢山生まれ、spiralの展示会場にいらした沢山の方々も楽しんで展示を見ていました。それでは、2013年度卒業制作の作品を写真ではありますがご紹介します。




東京造形大学 テキスタイルデザイン専攻卒業・修了制作展 『むすび』
会期:2014.3.12(wed) - 3.16(sun)  11:00 - 20:00 /入場無料
会場:スパイラルガーデン(スパイラル 1F)
   〒107-0062 東京都港区南青山 5-6-23
こちらはspiralの展示会場。
天井が高くとても気持ちのよい空間です。


塚越友仁加さんの作品 「テキスタイルリボンコレクション」

織物組織を巧みに使った、かわいらしいテキスタイルリボンの作品です。

山本郁子 「匂いたつ毛並み」



近づくとこんな感じ。なんと、純銀から作られるラメ糸が使われており、高級感漂う、面白い質感のテキスタイル作品となっています。



熊谷彩乃 「flower」



捺染で染めた上から編み物の技術をつかい立体感をだした作品です。
彫刻的なテキスタイルが楽しいです。


新井美里「つくもおうじょう」

緻密に書き込まれた独特な世界観のテキスタイルです。一つ一つはハンカチとなっています。


桐々谷もえ「あのこのワンピース」
女の子の肌の質感を手捺染の技術を使い表現してます。手捺染ならではの色味が素敵な作品です。

飯田李「モノトカタチ」


伝統的な色糊捺染の技法を使い染めた浴衣。
手で紙を一枚一枚ちぎることから生まれるランダムな柄がなんとも素敵です。



中村理沙「私の見ていた景色」


絣織りの帯。
近くでみると少し変わった絣の柄になっています。

阪本亜子「食のテキスタイル」


日本食のご飯に着目し、制作したテキスタイル。
愉快のご飯柄のテキスタイルは風呂敷になっています。


本間敏郎「あなたが進め完成させる物語」


細密に描かれたテキスタイルは上から下までリピートはなく、一つの物語となっています。驚きの細密さです。

斉藤優香「水を身にまとう」
一枚の織物から作られる衣服。金糸や絣糸で織られています。


伊藤蓮美「自然の恵みで着物を織る」


植物から染めた絹の糸で織られた着物。緻密に組まれた縞がとてもきれいです。




これで、半分の作品しかご紹介していないのですが、このボリューム!!やはり、卒業制作の作品は迫力があります。
また後日、後編にて残りの作品をご紹介します。


(助手:高須賀)