2014年5月24日土曜日

日本の地域産業の今 Vol.3 鶴岡のきびそ・侍絹

こんにちはテキスタイル学科助手の高須賀です。

展示の告知です!!
東京造形大学のテキスタイル学科の織りを教えていただいている、須藤玲子先生がテキスタイルデザインと展示会場構成を担当しているkibiso(キビソ)の展示が銀座松屋7階デザインギャラリーにて行なわれています!

kibiso(キビソ)とは絹糸の産地山形県鶴岡市の織物協同組合が進めているブランドです。プロデューサーは岡田茂樹さん、テキスタイルデザイナーに須藤玲子先生が入り、地場の素材を生かし、素晴らしい日本のモノ作りを伝えています。

ブランドネームにもなっている「キビソ」とは、繭から糸を取る際、はがした外側のくずや、繰り糸の際にでる糸くずなどを集めて乾燥させたもののことをいいます。
繭から糸を作る際、全体の5%はキビソとして廃棄されていました。その、キビソを使ってブランディングしたのがkibiso(キビソ)です。


会場はこちら!真ん中に置いてある白い固まりがキビソです。

美しく染めあげた生地も沢山展示してあります!!




素材感のあるジャカード織りのストール。


こちらはキビソを使ったアクセサリー。


キビソで作られた馬が会場の壁を走っています。


会場の横ではkibisoの商品も購入可能です!!

展示は6月9日までですので、是非いってみてください。

(高須賀)






以下 日本デザインコミッティーHPより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この度、日本デザインコミッティーでは、第705回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、日本の地域産業を紹介するシリーズ企画「日本の地域産業の今 Vol.3 鶴岡のきびそ・侍絹」を開催いたします。
鶴岡市は山形県に所在する自然豊かな地方都市ですが、昔から米どころとして知られた地域です。
鶴岡に絹産業が興った契機は、士農工商という江戸時代の社会制度の崩壊に伴い、武士階級が失職。国策であった、産業振興により養蚕業に着目し、それを一から手がけ成長させたという経緯が背景にあります。
武士たちが、刀を鋤に持ち替えて、新しい産業に心血を注いだ歴史が今日の鶴岡の絹産業の礎となって、今日に至る訳ですが、最近、注目されているのは、 “きびそ” という素材です。蚕が最初に吐き出す糸ですが、生糸としての扱いにくさから、これまで、それらの多くは廃棄されていました。
鶴岡では、この “きびそ” に着眼し、3年をかけて、様々な商品作りを具体的に試みてきました。
この展覧会では、鶴岡の絹 “侍絹(さむらいシルク)” 、絹製品の一貫生産に地であること、また “きびそ” についてなど、鶴岡の絹産業のこれまでとこれからを紹介いたします。

展覧会概略

  • タイトル:第705回デザインギャラリー1953企画展「日本の地域産業の今 Vol.3 鶴岡のきびそ・侍絹」
  • 会期:2014年5月14日(水)〜6月9日(月)最終日午後5時閉場・入場無料
  • 会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 協賛:鶴岡市
  • 協力:鶴岡織物工業協同組合、鶴岡シルク、岡田茂樹(KIBISOプロジェクトプロデューサー)
  • 展覧会担当:須藤玲子
  • 会場構成:小泉誠

2014年5月9日金曜日

「鈴木マサル傘展 持ち歩くテキスタイル」にいってきました!

こんにちはテキスタイルデザイン専攻領域助手の高須賀です。
南青山スパイラルで5月8日に行なわれた、鈴木マサル先生がプロデュースするテキスタイルブランドottaipunの展示販売イベント「鈴木マサル傘展 持ち歩くテキスタイル」のオープニングパーティーに行ってきました!!とても素晴らしい展示なので、その一部を写真でご紹介します。
メインの会場は迫力の傘空間!!!


鈴木マサル先生の挨拶でパーティーはスタート。



会場は沢山の人たちで溢れかえり、美しく展示された傘を見上げます。

こちらはwowさんが手がけた、鈴木マサル先生のテキスタイル素材を使った映像も映し出され、会場を鮮やかに彩っています。展示を見ているお客さんの陰も映し出され楽しげな空間になっています。

もちろん、テキスタイルも並んでいます。


 一つ一つの傘の中に素敵な世界が広がっています。
タイトルにある通り、これぞまさしく、持ち歩けるテキスタイルですね。




もちろん傘は購入可能。
人気な柄はすぐ売り切れちゃうかもしれないですので、お早めに会場にGO!!

最後は鈴木マサル先生を囲んで東京造形大学チームで一枚 パシャリ!!


 鈴木マサルワールドが広がる、おすすめ展示です!5月18日までですので、是非ご覧ください。

会期:2014年5月8日(木)~5月18日(日) 11:00~20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23

(高須賀)

2014年5月7日水曜日

速報!!明日、5月8日にNHKのあさイチにて山梨でデザイナーとして活躍する東京造形大学卒業生の数名が紹介されます!!!



明日、5月8日にNHKのあさイチ(815分~954分)にて山梨でデザイナーとして活躍する東京造形大学卒業生の数名が紹介されます。

東京造形大学テキスタイル専攻領域では4年前より、山梨織物メーカーとともに既成概念にとらわれないモノを作るという思いで、産学コラボレーション事業を行ってきました。このプロジェクトから生まれたブランドは数多く、またそのまま山梨の産地に就職する学生も増えてきました。
あさイチでは、そんな東京造形大学の卒業生と山梨織物産地の活躍が垣間みれると思います。是非ご覧ください!!



産学コラボ フジヤマテキスタイルプロジェクトで生まれた商品》
 

 

















あさイチ
58日(木)
815分~954
詳細は番組HPをご覧ください。
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/

鈴木マサル傘展 持ち歩くテキスタイル

東京造形大学テキスタイルデザイン専攻領域で染めを教えていただいている鈴木マサル先生の展示が5月8日(木曜日)から南青山のSPIRALで行なわれてます!!!

めちゃくちゃかわいい傘の展示です。
テキスタイル関係者は必見の展示です。是非おでかけください!!!


会期:2014年5月8日(木)~5月18日(日) 11:00~20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23



下の写真は去年行なわれた展示の様子。 〜〜鈴木マサルホームページより転載〜〜






自身のオリジナルブランド「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」やフィンランドのマリメッコ など、国内外の様々なブランドから作品を発表し、今最も注目されるテキスタイルデザイナー、鈴木マサル。
本年で3 回目の開催となる「鈴木マサル傘展 - 持ち歩くテキスタイル -」は、会場をスパイラルガーデンに移し、自然光があふれる解放的な大空間で、これまでに発表した傘を一同に展示。また、これまでに発表した代表的なテキスタイル作品も展示します。

動物や植物など、日常的な温かみのあるモチーフを描き出す画力と、大胆な構図、鮮やかな配色と版の重なりから生まれる奥行きのある色彩。見る人を自然と笑顔にするようなユーモアあふれる鈴木マサルのテキスタイルの世界観を紹介致します。
会場では、作品の展示のほか、新作を中心に傘の販売を行います。梅雨の前のさわやかな季節に、お気に入りの一本を見つけてください。

【プロフィール】
鈴木マサル (テキスタイルデザイナー) 
多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。
1995年に独立、2002年有限会社ウンピアット設立。2005年からファブリックブランドOTTAIPNUを主催。
職人による手捺染の生地、旧式織機で織られたドビー生地など、色鮮やかなハンドプリントによるファブリックを中心に、タオルやバスマット、ハンカチ、傘など、生地本来が持つ魅力にあふれたコレクションを展開。自身のブランドの他に、2010年よりフィンランドの老舗ブランドmarimekkoのデザインを手がける。現在、国内外の様々なメーカー、ブランドのプロジェクトに参画。
東京造形大学准教授

◆開催概要◆
会期:2014年5月8日(木)~5月18日(日) 11:00~20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23

主催:有限会社ケース
協力:ムーンバット株式会社
展示協力:設計事務所ima 小林恭+マナ(会場構成)
     enamel.(ポスター・カードデザイン)
     wow (映像デザイン)
プレスサポート:デイリープレス
会場協力:株式会社ワコールアートセンター
お問い合わせ先:03-5452-3171(有限会社ケース) http://kasaten.tumblr.com
        
◆◆関連イベント◆◆
鈴木マサル傘展 特別トークイベント 『鈴木マサルが語るテキスタイルの魅力と可能性』
聞き手:川上典李子(ジャーナリスト/21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター)

日時:5月10日(土)15:00-16:30 会場:スパイラルガーデン アトリウム
定員:70名(※要予約)
参加費:無料 予約方法:mail@casedepon.comまでメールにてご連絡下さい。
    件名は「傘展予約」、本文は「お名前、ご連絡先、参加人数」をご記入下さい。
※座席の予約は定員となりましたが、トークは会場内にてお聞き頂けます。是非ともご来場下さい。
※混雑の状況により、入場を制限させていただく場合がございます。

プロフィール: 川上典李子 Noriko Kawakami デザイン誌「AXIS」の編集を経てフリーランスのジャーナリスト、エディター。
主な著書に『Realising Design』(TOTO出版)、編書に『天童木工』(美術出版社)、近著に『ウラからのぞけばオモテが見える』(佐藤オオキ氏との共著、日経BP)。
作品集への寄稿、執筆も多く、『石本藤雄の布と陶』(パイ インターナショナル)もそのひとつ。
2007年より21_21 DESIGN SIGHTアソシエイトディレクターとして展覧会企画にも関わる。
現在、今秋開幕の展覧会をディレクション中。

(高須賀)