2015年11月22日日曜日

Tシャツプリント/高崎でワークショップ

第21回 群馬県高等学校総合文化祭 のイベントの一つ、10月31日(土)の美術・工芸部門「交流会」を東京造形大学が担当。
田窪摩周先生の「レイアウトの法則」と佐竹宏樹先生の「カラフル・ポップ!木版画!!」、
そして大橋正芳の「私の模様で私を飾る/オリジナルTシャツプリント」の3つのワークショップを行いました。
会場は、高崎の群馬音楽センターの群馬シンフォニーホール大ホール。

アントニン・レーモンドの設計で知られた音楽センター(1961年竣工)。

















センターの隣にあるシンフォニーフォール。1991年開設でレーモンド設計事務所の設計。















Tシャツプリントのワークショップは、群馬県内の高校から参加した生徒さん30名。










技法は、
真っ白なTシャツにカットしたシールを貼り、スクリーンでブルーにプリント。
次にシールの一部をはがしたり新たにシールを貼ったりしてグレーをプリント。
シールを全てはがすと完成!!です。
画像の2枚のTシャツは、ワークショップを手伝った大学院1年の牛田利沙さんと山本遥さんのサンプル作品です。

















ワークショップ開始! 始めにオリジナルのデザインを考えます。

















プリントします。

















乾燥します。

















デザインが決まらない人、ブルーを刷り終わった人は次にどうするか・・・友達と相談です。


































このあとグレーを刷って、シールをはがして完成・・・皆さんそれぞれ個性的なTシャツが出来上がりました。
しかし、30名のお手伝いで完成の写真を撮ることができませんでした。
お見せしたかった!残念!!


田窪先生のワークショップ。

















佐竹先生のワークショプ。

















100名の生徒さんたちは、それぞれ充実した時間を過ごしてくださったと思います。
ありがとうございます。

陽が傾きはじめた音楽センターの一角に、10月桜が満開でした。


















大橋