2016年3月26日土曜日

JDNに掲載されました!&卒業おめでとう!




デザイン情報サイト、JDN(ジャパンデザインネット)に鈴木マサル教授のインタビューがアップされました!








造形大学内のカフェテリアの家具をデザインした造形卒のデザイナー、藤森泰司さんとの対談形式の記事となっており、

テキスタイル科の卒業制作展のことなども掲載されています!

ぜひご覧ください!












そして先日は、2015年度の学位授与式が行われました!






テキスタイル科学部生22名、院生6名が無事卒業できました!

みんなの晴れ姿、とても素敵でした!


式の後の祝賀会では…




卒業生からの贈り物の、特注樽酒&枡で乾杯しました!
(卒業生のみなさん、ありがとうございました!)




みんな卒業、おめでとう!!!



吉本










2016年3月22日火曜日

フジヤマテキスタイルプロジェクト、MILL SHOP で展示販売中です!


富士山駅、Q-STA内ヤマナシハタオリトラベルMILLSHOPにて、今年度のプロジェクト最後の展示販売が開催中です!

先週末はMILL SHOPへ搬入作業をしてきました!


MILLSHOPは造形テキスタイルOBでもあり、プロジェクト1期生でもある高須賀先生プロデュースの山梨県内の織物を集めたセレクトショップです。

今回はショップ内のスペースをお借りして、今期のプロジェクト製品を置かせて頂いきました!






(武藤株式会社×牛田利沙)

(槙田商店×伊藤蓮美)



(宮下織物×中村美月)

(舟久保織物×島村悠里・西沙那子)


(光織物×熊谷綾乃)



(田辺織物×山本遥)


(渡小織物×山川さとみ)


ハタオリトラベル名物の黒板もプロジェクト使用に!!

山梨の織物を紹介するフリーペーパー、LOOMもあります!



今期のプロジェクト製品は一同に手にとってみれる展示はこれで最後です!
お近くに寄られた際はぜひ、お立ち寄りください〜!




フジヤマテキスタイルプロジェクト展示販売
 2016年3月20日(日)〜31日(木)
山梨県富士吉田市上吉田2-5-1
富士山駅 駅ビルQ-STA1F MILLSHOP



写真/高須賀
吉本

2016年3月15日火曜日

「卒業・修了作品 東京・青山で一般公開」毎日新聞

スパイルガーデンで開催された卒業・修了制作展「TEQUILA」が、
@大学ー毎日新聞に掲載されました。


    スパイラルの会場(新聞掲載の写真とは関係ありません)



2016.3.14 毎日新聞 大学倶楽部・東京造形大
「テキスタイル専攻学生の卒業・修了作品 東京・青山で一般公開」

http://mainichi.jp/univ/articles/20160314/org/00m/100/007000c



卒業・修了制作展「TEQUILA」は3/14に終了しました。
ご来場くださった皆様、ご協力くださった皆様に感謝を申し上げます。
ありがとうございます。

ohashi

2016年3月14日月曜日

卒展ディテール

南青山・スパイラルガーデンでの卒業・修了制作展は、本日最終日。



初日以来、連日大勢の方々がご来場くださり、
若々しい作品群の勢いに感動したり、表現の多様な広がりに感心したりしていただいています。
ところで、会場を埋め尽くす作品の迫力に、つい作品のディテールを見逃してしまいがちです。
大柄なプリント模様の美しさは格別ですが、
テキスタイルは、実は微細なテクスチャーにも美しさが潜んでいるのです。
会場では、作品の間近に寄り、目を凝らし、ディテールの美を発見してください。
見所のいくつかを紹介しましょう。


大学院2年生・伊藤蓮美さんの作品:


織物に使う絹糸は、一般に太さは80〜250デニールと言われています。
この作品は、2個または3個の繭からひいた糸、つまり6〜9デニールの糸で織り上げられています。


絹本来の美しさに迫った極限の織物です。





学部4年生・紅林みなみさんの作品:


小紋です。
遠目では無地に見えても、じつはスカートやズボン、リボン、クツ、メガネなど、
身につけるものがモチーフの「平成小紋」です。


小紋は型染めです。微細な模様を繰り返し彫り込んだ型紙を使った極限の染物です。





学部4年生・内田彩文音さんの作品:


透けるような捩り織(もじりおり)をベースに様々な素材の糸を織り込むことで、
素材と密度の違いから都会をイメージした作品を仕上げました。


織物は、経糸と緯糸が交わり、互いを押さえつけ合って成り立っていますが、
2本の経糸を“捩る”ことで、糸と糸が離れていても布が崩れず、薄い織物が出来上がります。
これが捩り織です。





学部4年生・安濃諒さんの作品:


経糸と緯糸の組み合わせを“組織”と呼びます。
ヨーグルトのシールなど、身近なものを顕微鏡で覗いて見えたパターンをヒントに、
糸を選び、組織を工夫することで豊かな表情の織物を生み出しました。



組織のアイディアがずらりと並んだこの作品に、テキスタイルのプロが必ず目をとめています。


(山梨の織物会社に勤めている卒業生と作者の組織談義が終わりません・・・組織は無限です)

ohashi




2016年3月13日日曜日

スパイラルは明日まで! & 作業場の大掃除!

昨日より青山のスパイラルガーデンにてテキスタイル専攻
卒業制作学外展が開催されております!!


9日は朝から搬入作業をしてきました!





プロの業者さん相手に学生は必死に対応していました!



黙々と作業すること、およそ12時間!搬入・設置作業完了いたしました!
(今年は例年よりも早く終われました!)




今年の展示は空間の余白がないほどとてもボリューミーかつ、圧倒される迫力があります!

特にアトリウム入口からの景色は圧巻です!


テキスタイル科の教授陣もお墨付きの充実っぷりにびっくりすること間違い無しです!

ぜひ、お誘い合わせの上、ご来場ください〜〜!


TEQUILA
東京造形大学テキスタイル専攻有志卒業・修了制作展2016
2016年3月10日(木)〜14日(月)
11:00 ~ 20:00 会期中無休、入場無料
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
東京都港区南青山5-6-23
東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 B1、B3出口すぐ

facebookページも更新されています!→https://www.facebook.com/events/806935452750192/










そして搬入の前日、4年生が作業場を使う最後の日。

テキスタイル科では4年生による大掃除が毎年恒例で行われます!


お昼過ぎから始まり、夕方には4年生のおかげで作業場がこんなに綺麗に!!!

4年生綺麗にしてくれてありがとう〜!!!




そして掃除をした後は、
テキスタイル科の神様、渕上さんへの感謝を伝える会!(これも毎年恒例です)

渕上さんはテキスタイル科の機材を管理してくれている縁の下の力持ち的な存在で渕上さん自らテキスタイル科専用の道具や装置を作ってくれたり、管理してくれたり等々、
渕上さんがいなくては作業場成り立たないというほどテキスタイル科にとっては神様のような存在です!


そんな渕上さんへみんなでお花とメッセージをプレゼントしました!


時には厳しく機材を管理してくれていた渕上さんが、実は4年間温かく作業を見守ってくれていたんだと、学生たちは感じたようでした!


そしてなんと今年は、、、!



渕上さんがお礼にと、ハーモニカ演奏のサプライズプレゼントがありました!


心温まる言葉とハーモニカの演奏に学生も感動、、、!!!






渕上さん、ありがとうございました〜!


吉本