2017年1月24日火曜日

第8回フジヤマテキスタイルプロジェクト展 開催中です!

ZOKEI展にお越し頂いた方々、ご来場誠にありがとうございました。

そして昨日より本年度のフジヤマテキスタイルプロジェクト成果発表展が開催しています!

昨日はオープニングパーティーからの、毎回恒例の公開講評会がありました!



講評の後はプロジェクト学生によるフリースタイルラップの披露がありました!
(フリースタイルラップの相手募集中だそうです)


そんな今年のプロジェクト成果をチラッとご紹介します。


渡小織物×学部3年 土居一検さん

「西暦2×××年、もし太陽がミラーボールになったら…」という架空のストーリーをテーマに、フォーマルなネクタイのイメージを崩し、着けたら踊りだしたくなるようなネクタイを提案しています。会場に流れるBGMや回転台で回るディスクのようなポーチ、独特な世界観の柄等、ぜひ会場で見てみてほしい作品です!



武藤株式会社×院2年 中村美月さん

包装に使われる緩衝材をモチーフとしたふわっとした質感のストールを提案。
複雑な織り構造にチャレンジし、山梨産地では珍しい質感のものに仕上がりました。



田辺織物×院2年 山本遥さん

昨年度から取り掛かっている十二支をモチーフにした座布団コレクション「干支ザブトン」。山本さんが描く柄が上手くジャガードで表現されています。現在オンラインショップここかしこでも販売中だそうです。ちなみに写真は猿です。




宮下織物×学部3年生 平沢健太さん、藤川稔也さん

コンクリートの街の壁とそこに貼られ剥がされたりしたシールの跡を表現した生地の提案です。グラフィカルでもあり、壁の質感も表現していて織り専攻の平沢くんと染め専攻の藤川くん二人の力が合わさった力作となりました!



舟久保織物×院2年生 牛田利沙さん

サカナをモチーとした傘生地の提案です。二重のほぐし織りにジャガードでさらに模様を掛け合わせており、とても複雑な構造になっています。
傘の外側と内側で模様が異なる見え方をしますので、ぜひ実物を会場でごらんください!



槙田商店×院1年生 鵜飼甘菜さん

傘生地を使った服の提案です。一見、無地のようにも見えますが、雨や水の現象をモチーフとした模様が織られており、光に当たるとチラッと見えます。とても軽い着心地なのも傘生地ならではです。ぜひ会場で試着してみてくださいね。



渡辺織物×院2年生 山川さとみさん

普段は廃棄されてしまう生地の耳部分を再利用し、キュプラ生地に耳を織り込んだ生地の提案です。耳を入れる時は一回一回織り機を止めて手作業で耳を入れていくため、ほぼ手織りだそうです!その手間隙によりとても美しい生地に仕上がっています。




光織物×院1年 長嶋美紀さん

縁起の良い鳥として諸説があるフクロウをモチーフとしたインテリア用の生地の提案です。相当の量の経糸密度と光織物独自品種の糸を使用することにより、細密なフクロウの羽の模様が表現されています。部屋に使用することで部屋の運気も上がりそうな生地です。


東京造形大学×山梨織物メーカー 産学協同開発企画 
第8回富士山テキスタイルプロジェクト展
日時:2017年1月23日(月)〜1月25日(水) 11:00 ~ 20:00 ※初日のみ18:00 ~ 20:00
場所:東京都港区六本木5-17-1 AXISビルB1 アクシスギャラリー シンポジア

展示期間は短く、なんと明日が最終日です!

今年も素晴らしい出来で機屋さんと学生の個性が際立つ商品たちにより、見応えある展示に仕上がっています。

ぜひ会場にて実物をご覧ください〜!

吉本