2017年8月23日水曜日

ZOKEIワークショップ

こんにちは!
皆さんは夏休みをいかがお過ごしでしょうか?

8月21日に大学にて、高校生対象のワークショップがありました。
今回は清家教授による
『布から発想する服作り』
というテーマのワークショップでした!

11人の高校生の方々が集まりました!
まず、テキスタイルってなにをしているの?というスライドショー

今回は内容が盛りだくさんなので早速作業に移ります。
まずは四角の布を2枚使い、服にしていきます。

養生テープで貼り合わせていきます・・・
本当に服になるのでしょうか?

真剣です・・・

なんだか形になってきました!

服に柄をつけよう!ということで、
様々な色のマスキングテープで柄を構成していきます。

シルクスクリーンでの重版のように重なりを表現することもできます!

こちらはドット柄!

細かくこだわっていきます・・・

この柄は着た時にどんな風に見えるのでしょうか?

みんなそれぞれ個性的に仕上がりました!
実際に着た時にどんな風に見えるのか、面白いです!


同じ形の服でも、首を出す位置でこんな形にもなります!
柄の見え方も変わって来ます!

同じ方法で今度は院生の鵜飼さんが制作した生地で作っていきます!
とても贅沢な内容です!

今度はミシンで縫製していきます。
皆さんミシンにとても慣れていました!上手!

先ほどシーチングで作った服は、折りたたんでミシンで縫うと
トートバックになりました〜!

時間が押してしまい、二着目の服は着ることができなかったのですが、
ちゃんと完成しました!

難しいかなと心配していましたが、皆さんとても楽しかったようです!

岸本