2017年9月12日火曜日

ドローイングワークショップ!

今月から後期の授業が始まりました!

みんな楽しい夏休みを過ごせたのでしょうか?

さて、早速、ドローイングのワークショップがありました!
大分県立美術館(OPAM)の教育普及リーダーの榎本寿紀先生をお招きしました!
榎本先生は目黒区美術館で22年間ワークショップエデュケーターをご経験し、
その後大分へ移られました。

今回も昨年に引き続き
『名前』をテーマにしたドローイングです!

それぞれ自分のフルネームを書いていきます。

自分の中での名前のイメージはそれぞれです。
漢字が固くてひらがながで書く、とか
一枚の絵のように書きたいなど様々なイメージがありました!

それぞれの名前をどうやって『消して』いくかディスカッションをしていきます。

水を使っていく人も

真剣ですね〜

様々な方法で名前を消していきました。
模様の一部にしたり、色をのせて行ったり・・・

このドローイングを元に後期の課題のつづれ織の原画にしていきます。
どんなテキスタイルができるか楽しみです!

岸本